政府による緊急事態宣言に対する弊財団の対応について

関係先 各位

令和2年4月9日

公益財団法人木原記念横浜生命科学振興財団

------------------------------------------------------------------------------------------

政府による新型コロナウイルス感染症対策の基本的対処方針に基づく

緊急事態宣言に対する(公財)木原記念横浜生命科学振興財団の対応について

-------------------------------------------------------------------------------------------

 

新型コロナウイルス感染症対策の基本的対処方針に基づく、政府の緊急事態宣言を受け、当財団では関係先様、ならびに職員の健康と安全を考慮し、以下のとおり対応することといたしました。

業務の継続性に十分留意して進めてまいりますが、一部ご不便をおかけすることもございますので、ご理解、ご協力を賜りますようお願い申し上げます。

なお、下記に記載の諸取組は、緊急事態措置期間の令和2年5月6日までの取組と致しますが、今後の国の動向等によっては継続する場合があります。

また、それまでの間に改善・悪化等状況の変化がありました場合には、一部取組の終了・強化等の見直しを行う予定です。

 

 

1.事務所の開所時間の変更

平常時に8時30分から17時15分としているところ、10時から15時までの開所といたします。

2.出勤する職員の減員

在宅勤務を含めたローテーション勤務の導入により、出勤中の職員数を減員いたします。

 

以上により電話の応答等が不十分となる場合がありますので、ご連絡に際しましては次のアドレス宛にメールによりご連絡をいただけますようお願いいたします。

【送信先アドレス】

 ◆事業に関するご連絡:trial@kihara.or.jp

 ◆施設(YBIC)及びその他に関するご連絡:yamabosi@kihara.or.jp

 情報セキュリティを確保し、ご相談対応及びご支援等を継続的に実施できるよう努めてまいりますので、引き続きご協力くださいますようよろしくお願いいたします。

 


トップページへ戻る