【募集終了】2020年度 LIP. 横浜 トライアル助成金の申請者を募集します→終了しました

健康・医療分野の研究成果やアイディアを具体化するための試作品開発・データ等の取得に活用できる「2020年度 LIP. 横浜 トライアル助成金」の申請者を募集します。

本年度の募集は終了しました。

※本年度は第一次採択で予算総額を満たしたため、第二次採択は行いません。

対象事業

健康・医療分野の基礎研究成果や臨床ニーズ等の実用化に向けた産学連携事業の推進につながる取組のうち、次のいずれかの事業

◇研究成果やアイディア等を具体化する部品・製品・ソフトウェアの開発や試作品の開発
◇研究成果やアイディアに基づく仮説を検証し、次の研究ステップに進むために必要となるデータ等の取得

対象者

(1)中小企業であって、次の各号に掲げる要件のいずれかを満たす者
 ① 横浜市内に申請事業を実施するための研究開発拠点を有する者
 ② 横浜市内に本店を登記している者
(2)大学等であって、横浜 大学・都市パートナーシップ協議会会則第3条に規定する者
(3)研究機関であって、横浜市内に申請事業を実施するための研究開発拠点を有する者
(4)病院等であって、横浜市内に申請事業を実施するための研究開発拠点を有する者
(5)大学等、研究機関、病院等であって、本トライアル助成金の対象経費のうち80%以上を横浜市内に本店を登記している中小企業に支払う者

助成率と助成限度額

◇助成率:対象経費の10/10以内

◇1申請あたりの助成限度額:100万円

募集期間

① 第一次採択向け募集期間: 2020年4月1日(水)~2020年5月13日(水)

② 第二次採択向け募集期間: 2020年4月1日(水)~2020年7月7日(火)

第一次採択と第二次採択の募集内容は同様です。
事業内容が明確で、なるべく早期に事業に着手したいという場合は5月13日までに応募してください。申請書作成期間を確保したいという場合は、7月7日までに応募ください。
ただし、第一次採択にて予定している予算総額を満たした場合は、第二次採択は行いません。第二次採択を行うか否かは2020年6月上旬にホームページで公表します。

募集要領等

以下の募集要領等をダウンロードし、提案内容を記載のうえ郵送ください。
持参および電子メール等による提案書の提出は受け付けられません。

※なお、募集要領 P.5(2)申請書類 に関して、必要書類③(法人登記簿謄本) および⑤(納税証明書) は、昨今の状況より窓口での請求が困難な場合に限り、後日送付していただくことも可能です。その場合、6月1日までにお送りいただくようお願いいたします。

説明会

本年度は、募集にあたって説明会の開催は予定しておりません。応募をご検討いただく方は、是非、事前相談を活用してください。

また、申請書作成にあたり、作成ポイント解説を参考にしてください。

・LIP. 横浜 トライアル助成金 募集要領 ポイント解説

・LIP. 横浜 トライアル助成金 提案書(第1号様式、第2号様式)作成ポイント解説

申請書提出先・事前相談

公益財団法人木原記念横浜生命科学振興財団 LIP. 横浜 トライアル助成金担当

神奈川県横浜市鶴見区末広町1-6 横浜バイオ産業センター 

Tel  045-502-4810  e-mail  trial@kihara.or.jp

本事業は、2020年度の予算が横浜市会において議決されることを停止条件とします。予算の議決がなされないときは事業を実施いたしません。横浜市会において予算が議決されたため事業を実施します。


トップページへ戻る