木原均博士について


ゲノム説の先駆 木原 均 博士

The History of the Earth
is recorded in the Layers of its Crust;
The History of all Organisms
is inscribed in the Chromosomes.

地球の歴史は地層に
生物の歴史は染色体に記されてある。

木原博士のサイン
1946

1893年10月21日東京生まれ 1986年7月27日没。
理学博士、日本学士院会員。
北海道帝国大学農学部卒、京都大学農学部教授(1927-1956)、国立遺伝学研究所長(1955-1969)、(財)木原生物学研究所長(1942-1984)等を歴任。
高等植物の遺伝学、進化学の研究で数々の業績を残す。
特に「ゲノム説」の提唱(1931)、栽培コムギの祖先の発見、スイバによる高等植物の性染色体の発見、タネナシスイカの作出、 細胞質遺伝の研究等で世界的な評価がある。また、海外に植物探索行を重ねて数々のフィールドワークを行った。
日本のスキー草創期の一人でもあり、冬季オリンピック選手団長をつとめ、スポーツ界にも足跡を残した。
文化勲章(1948)、文化功労者(1951)、勲一等旭日大綬章(1975)を受章。

生命科学を地球の医師に

生命科学の一定義は、「生命科学は生命に関するすべての分野を総動員して人類生存の活路を見出そうとする総合学術である」としています。 生命科学の役割はたくさんありますが、とりわけ人口の爆発的増加、資源の枯渇、環境汚染等の対策には、全人類規模で当たらなければなりません。 地球は人間だけのものではなく、全ての生物がここで生を営んでいるのです。他の生物なしでは人間は生きることができません。 このままなりゆきまかせで行くならば、いつかは自滅することでしょう。 医師が人類の病気を予防したり治療するように、生命科学は地球の医師となって働いてほしいものです。
(1976年9月14日 北海道大学創基百周年記念講演より)

故 木原 均 博士の業績・資料について、さらに詳しい内容をお知りになりたい方は、当財団評議員の木原ゆり子氏まで直接お問い合わせください。 E-mail : yurian-k@nifty.com